株式会社豊橋設計 危機管理基本方針

当社は、あらゆる危機が発生した場合に備えて、人命の安全と重要業務の安定的な運営を確保し、当社の社会的責任を果たすため、危機管理基本方針を策定し危機対応を行っています。
役員及び社員は、本基本方針に従い行動します。

基本方針

危機発生時の対応にあたっては次の理念、基本方針を念頭に置くこと。

(1)危機管理の定義

危機管理とは、危機発生時に当社がその危機に適切に対応できるようにするための計画の立案や活動を行うことの総称である。

(2)危機管理の理念

① 企業の社会的責任を果たす

  • 役員及び社員並びにその家族の人命の安全確保
  • 主要業務の早期復旧と継続

② 企業の社会的信用を確保する

  • 取引先などに悪影響を及ぼさない
  • 地域社会に対して、企業としての責務を果たす
  • 各種対応の際は、常に人道面での配慮を優先させる

(3)危機管理の基本方針

① 事業活動に支障となる悪影響に対し、可能な限り被害を極小化すること。

② 各種対策の継続的な改善を図ること。

③ 重要業務の安定的な運営を確保するため実効的な体制整備に努める。

基本対応

(1)南海トラフ地震

  • 南海トラフ地震の発生にあたり、事業継続を策定し、その基本対策、対応を定める。
  • 南海トラフ地震対策に関する統括部門を管理部とし、防災計画、緊急時の対応を行う。
  • 南海トラフ地震が発生した場合に災害対策本部を設置し、業務の復旧、事業継続を行う。
  • 南海トラフ地震が発生した場合の対応要領(南海トラフ地震対策マニュアル)を策定する。
  • 南海トラフ地震臨時情報[巨大地震 警戒)と(巨大地震 注意)]が発表された場合、社員の安全と業務の安定的な運営を確保し、事業を継続する。

(2)新型インフルエンザ(新型インフルエンザ対策マニュアル)

  • 新型インフルエンザのパンデミック(世界的大流行)の各発生段階における事業継続に関する対応を定める。
  • 役員及び社員並びにその家族の人命の安全を確保するため、職場等における感染予防に努める。
  • 新型インフルエンザ対策本部を設置する。
  • WHOが宣言を発表した場合は、各段階に対応した業務継続レベルを決定するとともに、感染拡大防止に努める。